読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想『文学のエコロジー』

 文学のエコロジー
 略して文エコ。

 総合科目なので内容は法律・経済にも及ぶ。が、まあほとんど人文科目といっていいでしょう。
 宮下先生の授業がどれも面白い。白話小説の話も興味深いが、12章は完全にただの歴史の教科書になってしまっていてあんまり……

 舞台は主に古代〜中世フランス。
 口承が文字になり、写本が活版になり、買取性が印税に……といった文学をとりまく時代ごとの文化を学ぶ。
 文学好きホイホイな科目。


 試験は教科書・ノート持込み可。
 この科目とってもおもしろいのだけど、私事をいうと……
 正直、講義は難しくないし持込み可だし、タカをくくってあまり対策していませんでした。
 そのうえセンターに向かう途中、「一応もういっかい過去問見直しとくかー」と教科書を開くと、
 過去問2回分やってないことがそこで判明。
 しかも思ったより難しくて全然解けない。

 時間いっぱい教科書を引きまくる試験になりました。A〇はキツいかなあ……。問題は素直なものが多いと思います。過去問と同じものもあり。