読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想『近代哲学の人間像』

 近代哲学の人間像


 『西洋哲学の誕生』と対になる哲学導入科目。平均点が高いので今期の癒し科目と位置づけていたが、やっぱり内容はムズいね。分かってましたよ佐藤先生!

 

 ルネサンス期の哲学から始まるので、古代~中世に特化した『西洋哲学の誕生』の受講後でよかったかな。一方『実存と現象学の哲学』で学習したフッサールにはテキストの最後で出会えてそれはそれで感慨深く、まあ順序はどちらでもいいのかもね。

 

 次は『ドイツ哲学の系譜』に進むつもりだが、初っぱなからまたカントですか……。『近代哲学の人間像』でますます苦手意識を持ったのがカントとへーゲルでした。